ヒストリーサンライズ2000ウェブサイト
サンハウス



1968


ダンスホール全盛時代
柴山俊之(キース)、石岡賢一(サンジェルマン)、奈良敏博(R&B)、篠山哲雄(アタック)等、中州や川端のダンスホールに出演中。
鮎川誠これらのプレイ・スポットに現れては、いっしょに演奏に加わる。(この頃大勢を占めたレパートリーはリズム&ブルースやグループサウンズなど。)
"アタック"" サンジェルマン"、沖縄の長期の仕事で腕をあげ、体質的にも脱皮。一段とスケールの大きなバンドに成長する。

音楽界の動向
●(USA) オーティス・レディング、飛行機事故で他界。(`67.12.10)
●(UK) クリーム解散発表。(6月)
●(UK) ビートルズ、アップル設立(6月)
●(USA) ザ・バンド、レコードデビュー。(6月)
●(JP) CBSソニー発足。(8月)



1969


ダンスホール・シーン衰退期に入る。
篠山、鮎川とデュエットでプレイし、2人で様々な連中とセッションをする。

音楽界の動向
●(UK) ブライアン・ジョーンズ、変死体で発見される。ローリング・スト−ンズ追悼コンサート。ハイドパークに25万人蛾集まる。(7月)
●(USA) 『ウッドストック・フェスティバル』前代未聞に40万人の聴衆。



1970


ウッドストックの余波か、福岡でも舞鶴(福岡城趾)で野外のフリーコンサートが開かれる。
柴山と鮎川、篠山に会い、三者面談。「楽しもう」「したい音楽をしよう」「ブルースばやろうぜ」「ドラムは石岡たい!」と石岡を勧誘。
ダンスホールのオーディションを受ける為、奈良に臨時メンバーになってもらう。
12月
正式なベースプレイヤーとして、後藤龍一が加入。この頃、ブルースメンの名にちなんで『サンハウス』というバンド名をつける。

音楽界の動向
●(USA) CSN&Yレコードデビュー。(3月)
●(UK) ポール・マッカートニー、ビートルズ脱退宣言。(4月)
●(USA) ダイアナ・ロス、シュープリームスからソロ・シンガーへ。(4月)
●(UK) ビートルズのラスト・アルバム『レットイット・ビー』リリース。(5月)
●(UK) ワイト島ロック・フェスティバル。(大規模な野外コンサートもピークに達する。)
●(USA) ジミ・ヘンドリックス死亡。(9月)
●(UK) ジョン・レノン『ジョンの魂』を発表。(9月)



1971


1月
津和野が後藤に代わり、ベースとして参加。
4月
当時の実力バンド"ヴァイキング"の浜田卓を誘い説得、サンハウスのベーシストに迎え入れる。サンハウスの強い自信となる。
JAZZ喫茶「コンボ」にスマッシャーズと芝に出る。-ライブハウスでの演奏のはしり-「ヤング・キラー」(川端)にレギュラー出演する。
須崎にロック・スポット「パワー・ハウス」開店。
10月
ストリート・ロック・コンサートの先駆けとなった「ロック・コンサート」が九大教養学部学館で開催。
11月
佐世保の米軍キャンプやディスコでの仕事もハリキッテいる。

音楽界の動向
●(USA) ニューファンクの旗手、スライ&ザ・ファミリー・スト−ン活躍。
●(USA) `60年代後半のアメリカン・ロック・シーンの特徴だった「フィルモア最後の日」。(6月)
●(UK) ポール・マッカートニー、ウィングス結成。
●(USA) バングラデシュ難民救済コンサート。(8月)
●(USA) ウエスト・コーストを代表する、アサイラム・レコードがスタートする。



1972


4月
広島の「ストロベリー・ジャム」に出演。" 貫禄のステージ"を展開する。
5月
初のワンマン コンサート『サンライズ』を、5月20日に自主的な企画で開催し、成功を収める
ダンスホール出演の傍ら、各種のコンサートで精力的な演奏活動を展開。
初のラジオ"オン・エア−"やりました。

音楽界の動向
●(UK) T・レックス活躍。グラム・ロック台頭。
●(UK) ローリング・ストーンズ『メイン・ストリートのならず者』発表。現在にいたる布石となる。
●(UK) ロキシー・ミュージック、レコード・デビュー。(6月)
●(USA) モータウン、本社をデトロイトからL.A.に移す。(ブラック・ポップの衰弱化顕著になる。)



1973


1月
「オリジナル」路線や音楽性をめぐる意見の相違から、ベースの浜田がグループから脱退。
公認は奈良敏博に即決。「今度一緒にやるのはサンハウスしかないと思い、浜田さんやめろ!やめれ!と念力をかけとったのだぁ。」奈良
この頃オリジナル曲が沢山出来る。あの「レモン・ティー」「すけこまし」etc...
3月
「サンハウス・ショウ」を開き、単独で3時間のステージを演じる。3月12日の事。
定期的に「パワー・ハウス」で演奏する。以来ずっとここを大きなホーム・グラウンドとする。
10月
『サンハウス・ショウII』at勤労青少年ホール(藤崎)10月28日

音楽界の動向
●(USA) スティ−ヴィ−・ワンダー、『迷信』の大ヒットでスーパー・スターへの道が開ける。
●(USA) "フュージョン"なるものがポップ・シーンを侵食し始める。
●(UK) ヴァージン・レーベル、レコード製作を開始。(5月)
●(USA) メイコン発、オールマン・ブラザーズ・バンドを中心としたサザン・ロック勢の台頭。



1974


2月
音楽性のくい違いから石岡賢一が脱退、自己のバンド結成へと向かう。(後に"ショット・ガンとしてデビュー。)
3月
この頃活動休止中の"ブローク・ダウン・エンジン"から、坂田紳一(通称「鬼平」)をドラムスに招き入れる。
6月
"トランザム"と組んで『ファースト・ステップ・コンサート』の名の下に、九州各地での演奏を展開する。
8月
『郡山ワンステップ・コンサート』出演。熱いステージは8月4日だった。
10月
東京AMSスタジオにて、シングルのレコーディングに入る。
12月
『サンハウス・ショウIII』at少年文化会館、その日はクリスマス・イブ。

音楽界の動向
●(USA) ボブ・ディラン、ザ・バンド砥共に8年ぶりの全米ツアー。(1〜2月)
●(JP) スリー・ディグリーズ、フィラデルフィア・サウンドを引き連れて日本上陸する。(6月)
●(JP) 第1回ジャパン・ブルース・フェスティバル。静かなるブルース・ブームをピークに。(11月)



1975


1月
1stシングル「地獄へドライブC/Wキング・スネーク・ブルース』を自主製作盤として発表。
2月
2月13日、動く映像として電波に乗った「サウンド・インパルス」で初のTV出演。 有頂天
6月
1stアルバム『有頂天』リリース。6月25日発売。(テイチク/ブラック・レーベル)
野音(日比谷野外音楽堂)に初登場。
11月
"トランザム""中山ラビ"らと共に、東京を皮切りに北海道東北〜四国、九州まで至る全国規模の『ブラック/ツアー』を展開する。その名を各地で轟かせる。

音楽界の動向
●(UK) ベイシティー・ローラーズ異常人気。
●(UK) ローリング・ストーンズにロン・ウッド加入。(6月)
●(USA) ボブ・マーリー&ウェイラーズ、初めてのアメリカ公演。レゲエが次第にインターナショナルになってくる。
●(USA) ブルース・スプリングスティーン、デビュー。



1976


仁輪加
2ndアルバムのレコーディングが開始される。パワーを増大しつつ、その音は塊となるべく。
5月
"ゴダイゴ""チャー"等と供に『ザ・ツアー』で1ケ月間、全国20ケ所のロードを繰り広げる。
6月
6月25日に2ndアルバム『仁輪加』発売。《この時期、ロック・コンサートは衰退し始め、ロックシーンから活気が色褪せて行く。》
10月
『L・モーション』(能古島)のメイン・バンド(トリ)をつとめる。10月9日。
12月
市民会館でのコンサートを最後に、オリジナル・メンバーのひとり、篠山哲雄が脱退。

音楽界の動向
●(USA) ボズ・スキャッグス(シルク・ディグリーズ)、ジョージ・ベンソン(ブリージン)大ヒット。ソフト&メロー頂点に達する。
●(USA) ニューヨークのライヴ・シーンからラモーンズ、レコード・デビュー。
●(UK) セックス・ピストルズ、EMIからシングル「アナーキー・イン・ザ・UK」を出すが、物議をかもし出す。



1977


4人編成で九州縦断ツアー。
8月
HOUSE OFFICE設立。
近大工学部(飯塚)の文化祭出演を最後に、鬼平(坂田紳一)と奈良敏博が脱退。決定的な打撃と疲労感が襲う。
12月
新生サンハウスを結成し上京。「ロフト」「屋根裏」などのライブ・ハウスで、後に『シ・ョ・ッ・キ・ン・グ・だった!』と言われるパンクな演奏を叩きつけるが、ライブハウスの夜明けはまだ遠かった。

音楽界の動向
●(UK) エルビス・コステロ、レコード・デビュー。(3月)
●(UK) クラッシュ、レコード・デビュー。
●(UK) パンク大爆発。
●(USA) ドナ・サマー、"クイーン・オブ・ディスコ"として君臨。
●(USA) キング・オブ・ロックン・ロール、エルヴィス・プレスリー42才でこの世を去る。(8月)



1978


ドライブ
2月
鮎川、決意!柴山と「進退」について話し合う。
3月
3rdアルバム『ドライヴ・サンハウス』の発売と同時の3月25日、解散について再びミーティング。解散を決定する。

音楽界の動向
●(UK) セックス・ピストルズ、初公演先のアメリカで解散を表明。(1月)
●(JP) ボブ・ディラン初来日。


トップページ 風よ吹け 最新情報 リンク ゲストブック 通信販売

 Copyright 2000 sonrise2000. All rights reserved.