マンスリー19  2013年4月

<archive>「ナッシン・バット・ザ・ブルース」 Part 219980923_01_small

「ブルースにとりつかれて」を補足するために前回掲載した、私の1970年代初期の個人史で、ぱわあはうすのまわりのエピソードで書いた「ナッシン・バット・ザ・ブルース」の続き
続きを読む・・・

<archive>「ブルースにとりつかれて Vol.2」 パンフレット19730121_01_Web

「ブルースにとりつかれて Vol.2 / B・B・キング特集」のパンフレットは、パワー・アップして、20ページになった。「私とB・B・キング,,, 」の感想文を篠山哲雄、柴山俊之、
続きを読む・・・

NICK WATERHOUSE 『TIME’S ALL GONE』130427_01

陳腐な言い方をすると、新しいタイプのブルー・アイド・ソウル。しかも1950年代の響き、レイ・チャールズ<RAY CHARLES>の幻影。手法は新しくないのだが、思いっきりのいいクールさがある。
続きを読む・・・

<archive>「Keep On Jookin’ Vol.9 ブラジル特集」 パンフレット20030717_10_web

シリーズ化の第3弾として、私の音楽普及活動(?)のひとつ、「キープ・オン・ジューキン(KEEP ON JOOKIN’)」のアーカイヴを紹介していきたい。
続きを読む・・・

「クール・ジャーク (Cool Jerk)」130424_01

いつものように店で、五連奏プレーヤーでCDをかけていたら、この曲の時に私の耳が感知し、意識がそっちに行った。好きな曲なんだなあ、勝手に反応する。
続きを読む・・・

<archive>「ナッシン・バット・ザ・ブルース」Part 119980923_01_small

この「ナッシン・バット・ザ・ブルース~ブルースにとりつかれていた”ぱわあはうす”時代」は、1990年に発表した、1970年代初期の私の個人史をJPG化したもので、ブログで3回に分けて公開してみたい。
続きを読む・・・

<archive>「ブルースにとりつかれてvol.1」パンフレット19721200_01_web

いよいよ私のアーカイヴ・シリーズの最初のハイライトが登場する。それは「ブルースにとりつかれて」。
続きを読む・・・

「レコード盤は文化遺産」130417_01

ジューク・レコード35周年セール「復活 アナログ祭り」にシンクロして、アナログ・レコードを楽しむための初歩的な知識をまとめてみた。レコード手入れ篇
続きを読む・・・

「目指せ!レコード演奏家」130417_01

ジューク・レコード35周年セール「復活 アナログ祭り」にシンクロして、アナログ・レコードを楽しむための初歩的な知識をまとめてみた。オーディオ編
続きを読む・・・

「ビギン・ザ・ビギン (Begin The Beguine)」130417_01

今やショッピング・モールなどのBGMでも流れていそうな有名曲で、コール・ポーター<COLE PORTER>の1930年代の作品。私は圧倒的に「ビギン・ザ・ビギン」が好き。
続きを読む・・・

「仕掛人、尻たたき人、編集人、中谷信行。」__

私が無為徒食の日々を送っていると思ったのか、ある日中谷が、我が家にやって来て言った。「松本さん、何か書かなきゃだめですよ」
続きを読む・・・

「第2期アトランティックR&B100のガイダンス」130412_01

狂喜乱舞の1000円CDシリーズ、アトランティックR&B100(2013年3月、4月発売)の第2期分のガイダンスを作ってみた。
続きを読む・・・

「あるレコード屋の秘かな愉しみ」130412_01

私がレコード屋をしていて、味わう愉しみのひとつが、お客さんが売りに来る物にそそられる物がある時だ。7インチ(シングル)は、レコード・コレクションの究極の形は
続きを読む・・・

「スクリーン」130412_01

映画館に行けてない、ずっと。映画好きだと自認しているのだが、全くもって映画が縁遠くなっている。家には、格安になったと知った5年ほど前、ネットで鬼のようにVHSで、
続きを読む・・・

<archive> A Shot Of Rhythm & Blues Vol.3 アトランチック特集19830615_01

アトランティックR&Bで盛り上がっていると言ったが、ジューク・レコードでは、30年も前からアトランティックという響きが特別な意味を持っていた。
続きを読む・・・

「ラインが繋がりにくい今日この頃」130406_01

私はレコード屋という仕事柄、ほぼ毎日平均5時間ずつくらい音楽を聞いている。店にいる間はどうしても100%近く、洋楽という事になる。LPはすぐに終わるので、CDばかり。
続きを読む・・・

「アトランティックR&Bの1000円シリーズ」ディスク・ガイド130405_03

アトランティックR&Bシリーズ。せっかくだから、私の主観で優先順位をつけてみよう。まずは、第1期の100アイテムを対象にグループ分けしてみる。
続きを読む・・・

<archive> サンハウス/コンサートポスター19730827_liveb

家にある、捨てずにいた物を整理してファイルしているが、こういう物を見つけた。実を言うと、どうして私が持っているのか分からない。ぱわあはうすの貼っていた物をもらったのだろうか。
続きを読む・・・

「サタデイ・ナイト・アット・ジ・アップタウン」130405_01

アトランティックR&Bの1000円シリーズの最初の100枚で、自分でもすぐ買おうと思ったのがその持ってなかった2枚だが、それよりも、最も先に手にしたのが、オムニバスの
続きを読む・・・

アトランティックR&Bの1000円シリーズ #1Doris Troy / Just One Look (1963)

個人的にも、ジューク・レコードとしても、今一番盛り上がっているのが、アトランティックR&Bの1000円シリーズだ。2012年の10月と11月に50枚ずつ、計100枚。
続きを読む・・・