<archive>「ブルースにとりつかれて Vol.7」 パンフレット

2013.6.3

「ブルースにとりつかれて Vol.7」 ブルース・ハープのすべて

 第7回目にして、ブルース・ハープ(ハーモニカ)の特集。当時から日本ではブルースにおけるハーモニカの大事さはある程度認識されていたけど、でも圧倒的に興味を引いていたのはギターだった。エリック・クラプトン、ジェッフ・ベック、ジミー・ペイジといったヤードバーズ三羽がらすに導かれ、その源となるスリー(3)・キング(B.B.、アルバート、フレディ)へと。

 実際ブルースは主としてギターがその中心的楽器だが、戦前ブルースやシカゴ・ブルースのアンサンブルの中では、ハーモニカが大きな役割を演じていた。あの小さい楽器が、電器増幅されると「ミシシッピ・サキソフォーン」という異名を取るほど、迫力のある魅力的な楽器へと変貌する。そこを鮎川誠は逃す訳が無い。

 鮎川誠は当時から比類の無いブルース・ギターの体現者だったが、実はハーモニカも吹けていた。サンハウス前夜の話だが、久留米のクラブに出演していた福岡で名うてのバンドで、篠山哲雄がいたアタックに近づいて行った時も、ローリング・ストーンズの「What A Shame」をハーモニカで吹いて、それに一目置かれ、後に博多で合流する一因にもなったという有名なエピソードがある。さらには、彼らがサンハウスを結成してからは、ヤードバーズ<YARDBIRDS>を手本にした「I’m A Man」では、菊と鮎川誠のツイン・ハープがフィーチャーされ、バンドの驚嘆のパフォーマンスを引き立てていた。(この模様はサンライズ2000制作のCD『一番列車ブルース』に収められている)

 その鮎川誠によるブルース・ハープ実践編が<I>の「ブルース・ハープについて」にあったりと、とにかく当時集める事が出来た音源を駆使して、この特集を展開している。<33>~<54>のロック系から、<59>~<64>のダウンホームなものまで、死角なし!お見事!!

 執筆担当は<I><V>が鮎川誠、<III><IV>が松本康。<II>はあるもうひとりの女性リスナーからの投稿。そして<VI>の「後記」がぱわあはうすの店主、田原裕介。

(画像をクリックすると別ウィンドウで拡大します)
19730617_01_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-1

19730617_02_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-2

19730617_03_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-3

19730617_04_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-4

19730617_05_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-5

19730617_06_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-6

19730617_07_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-7

19730617_08_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-8

19730617_09_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-9

19730617_10_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-10

19730617_11_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-11

19730617_12_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-12

19730617_13_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-13

19730617_14_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-14

19730617_15_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-15

19730617_16_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-16

19730617_17_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-17

19730617_18_web
・ブルースにとりつかれて Vol.7 page-18
 
 
 
ーーーー追加アーカイブーーーー
「ブルースにとりつかれて」(パラダイスへの道バージョン)
 オムニバス大著『パラダイスへの道』(1990年出版)に収録された際に、トランスレート/再編成されたものの一部です。
オリジナル版の、見えにくい部分等を補強するためのもので、手書き表や、イラストなどはオリジナル版をご覧ください。

(画像をクリックすると別ウィンドウで拡大します)
BTP_0085_web
「ブルースにとりつかれて」(パラダイスへの道バージョン) page-85

BTP_0086_web
「ブルースにとりつかれて」(パラダイスへの道バージョン) page-86

BTP_0087_web
「ブルースにとりつかれて」(パラダイスへの道バージョン) page-87

BTP_0088_web
「ブルースにとりつかれて」(パラダイスへの道バージョン) page-88

BTP_0090_web
「ブルースにとりつかれて」(パラダイスへの道バージョン) page-90

BTP_0091_web
「ブルースにとりつかれて」(パラダイスへの道バージョン) page-91

BTP_0092_web
「ブルースにとりつかれて」(パラダイスへの道バージョン) page-92

BTP_0093_web
「ブルースにとりつかれて」(パラダイスへの道バージョン) page-93

BTP_0094_web
「ブルースにとりつかれて」(パラダイスへの道バージョン) page-94

 

 
 
 

ーーーーKeep On Jukin’ーーーー

ブルースにとりつかれて
<archive>「ブルースにとりつかれて」シリーズ一覧ページ

このブログを読んだ感想を、送ってくだされ。待ってます。迷惑メール防止のため、ここではなく、私のfacebookのページに願います。facebookの友人でない人は、友人になっていただきたい。養老疾駆 僅奇異康

または、メールkoj@juke-records.netジューク・レコード・BBSでも受け付けています。