「梅雨空にひとすじの虹」

 
「Too Much On My Mind #3」

「梅雨空にひとすじの虹」

 このところ嘆いてばかりのようだが、時々予想外のことが起こる。以前「2日遅れのクリスマス・プレゼント」と書いたのと同じようなことが、あれほどのインパクトではないが、また起こった。それは2013年梅雨のある日。一日中降り続く、じとっとした雨に早く客足も途絶えたので、早仕舞して帰ろうとした矢先、袋を二つ持ったお客さんが。「買い取り、お願いします」。閉店際の買い取りはおおかた、近くのクラブで遊ぶ金の為にヒップホップなどを売りにくるBボーイ風の青年の客が多いが、今回は袋から「ブツ」と取り出してびっくり。ジュークの縮図のような内容ばかりのCDとLPが約70枚。ヒット率約9割!久々の大漁。

 先の「人口流出」は実は、売りにくる人の減少でもあり、そちらでも苦境に立ちつつあるが、かつては普通だったこういう事が、今となっては狂喜乱舞したい気持ちになる。私にとって、あまりにときめくものばかりなので、CDだけだが写真に撮ってみた。以下の二枚がその一部。これらのアイテム、今日から店頭に出ます。(LPはTボーン・ウォーカーの9枚組の初期のコンプリート集やブリンズリィ・シュワルツなど、これも内容をじきに上げます)
 
130623_01b
(クリックで画像拡大します)
 
130623_02b
(クリックで画像拡大します)
 

 

ちなみに2011年12月27日のブログもここに再掲。

「二日遅れのクリスマス・プレゼント」

 昨日27日に、信じ難いことが起こった。店(ジューク・レコード)にいると、大きなカバンを持った男性が入ってきた。顔なじみだけど、気づくのにちょっと間があった。ニューヨークで食べもの屋をしているKT君だった。久しぶりの里帰りだそうだ。そして言ったことが「CD、買い取りしてますか?」「もちろん」と言うと、カバンから、続々とCDが出てきた。ボックスやデジパック以外は、ケースを外し、本体とジャケットだけにしたものがどっさり。150枚以上になった。内容を見て、驚いた。かゆいとこに手が届くとはこういうこと。近年はアマゾンやiTuneストアの影響で、レコード・ディーラーが次々に廃業していまい、品揃えに苦心惨憺している。ジュークらしいものが、切れてしまい、今虫食い状態がひどい。そんな中、KT君が持ち込んでくれたのが、ブルース、ニューオリンズR&B、ブリティッシュ・ビート、ガレージ・パンク、ガール・グループと驚きの内容。しかもヒット率は約9割。どんなにいい内容のものが持ち込まれても、手放しで喜べるのはせいぜい7割、持って来てもらっているになんだが、最近はヒット率が低く、2、3割程度。ジュークに生気が満ちた気がする。本当にありがとう。彼はわざわざニューヨークから運んで来てくれたのだ。彼がジュークに来ていたのは20年以上も前、そのときのジュークのフェイヴァリットな音楽を忘れずにいて、その後アメリカに行っても(21年になるそうだ)、そうした音楽を発展的に聞いていてくれていた。
 
130623_01
  
 その内容の一部が、この写真。でも、明日来てもまだ店には出ないよ。これらは感謝しながら、少しずつ店頭に並ぶことになります。
ここで、デイヴ・クラーク・ファイヴやYou May Dreamのことを話題にしたら、何だか繋がった感じになった気がする。来年はいい年になりそうだ。
 
 
 
2013.6.23
ーーーーKeep On Jukin’ーーーー

このブログを読んだ感想を、送ってくだされ。待ってます。迷惑メール防止のため、ここではなく、私のfacebookのページに願います。facebookの友人でない人は、友人になっていただきたい。養老疾駆 僅奇異康

または、メールkoj@juke-records.netジューク・レコード・BBSでも受け付けています。